宝塚音楽学校で入学式、松岡修造の長女・恵さんもグレーの制服で笑顔

2017年4月18日10時0分  スポーツ報知
  • 集合写真で笑顔を見せる宝塚音楽学校105期入学生の松岡修造の娘・松岡恵(中央)ら(カメラ・渡辺 了文)

 タカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市、小林公一校長)の第105期生入学式が18日、同校講堂で行われ、26・1倍の難関を突破した15~18歳の40人が、あこがれのグレーの制服に身を包んだ。

 元プロテニス選手でタレントの松岡修造(49)と元テレビ東京アナウンサー・田口惠美子さん(51)の長女・松岡恵さん(17)も笑顔で出席。恵さんは169センチの長身で、頭髪をリーゼントにまとめ、男役志望の生徒と並んで式典前の記念撮影に臨んだ。1級上の本科生から「みんな、笑って!」と促されると、105期生みんなで「はいっ!」と声をそろえ、初々しい表情を見せた。

 保護者席に父・修造の姿はなかったが、惠美子さんがビデオカメラなどを手に、笑顔でまな娘の晴れ姿をおさめていた。

 40人は、2年間にわたって歌、ダンス、日本舞踊などの鍛錬を重ね、卒業後、2019年春の初舞台を目指す予定。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)