有森也実“犬男”とのラブシーン挑戦!映画「いぬむこいり」5月13日公開

2017年4月22日10時0分  スポーツ報知
  • 髪を40センチ切った有森也実。ショートカットも似合う(カメラ・川口 浩)
  • 映画「いぬむこいり」のポスター

 女優の有森也実(49)が主演した「いぬむこいり」(片嶋一貴監督)が5月13日、公開される。245分という上映時間もさることながら、伝承民話「犬婿入り」をモチーフにシニカルな風刺もてんこ盛りの異色作。有森は人でなく“犬男”とのラブシーンにも挑んだ。あまりの複雑な役に「女優をやめてもいい」と思うほど激しく消耗したが、今は「私が死んだ後も生き残ってほしい映画」と強調する。

 一言で紹介するのは困難な、ぶっ飛んだ映画だ。そもそも今どき、4時間の映画などあり得ない。が、見始めると不思議なことに、加速したように引き込まれ、時間が気にならない。有森はまず「ダメダメ小学教師」として登場するが、全く先の読めない展開だ。

 「脚本の厚さに、さすがに、これをやるのは無理でしょ?」と思ったという。片嶋監督作は4作目。あうんの呼吸で撮りたいものが分かる。「なので、台本が挑戦状か果たし状に見えて。考えた末、今の有森のまんまで。芝居しないでやろうと決めたんですけど…」。この決意が、後に恐ろしいことを引き起こす。

 今も有森に対し、清純なイメージを抱く男性ファンは少なくない。パンクで過激な今作を聞いたファンから「いつまでもオードリー・ヘプバーンでいてください。何とか取り消せないでしょうか」という手紙まできたという。

 “犬男”とのラブシーンは確かにショッキングだ。「ファンの人からお叱りを受けることは多々あるんです」と認めた上で「どうも、この作品をエロ映画と勘違いされている人も多いんですよね。とにかく一度、見てください、としか言えないんですけどね」

 覚悟の人だ。濡(ぬ)れ場も脱ぐことも、決めたら揺るがない。「だって迷ってたら、何もできないでしょ。抵抗もこだわりもないですね」。まさに奇想天外。教師かと思ったら、楽器店に住み込んでいたり、奇抜なコスプレで選挙に参加したり、無人島にいたり。

 「ぶっ飛んだ感じが面白いとは思いました。でも精神的に極限状態に陥って。そもそも演じずに自分のままでやろうとしたのが大変の始まり。私はあまり打ちのめされるタイプでないのに、疲れ切っちゃって。もう女優さんをこれで終わりにしてもいいや、と思うほどだったんです」

 このダメージから回復するのに「1年くらいかかりました。達成感ともまた違うんです。改めて女優の仕事ってこんなに大変だったのかと。でも映画って残るものですし。他で絶対できないことをしないと意味がないですしね」

 今年50歳を迎える。男っぽい性格。自分を見つめる目は、どこまでも客観的だ。「30代後半から(女優として)崖っ縁に立たされていることに変わりはない。50歳ね。フフフ、年頃だなぁって感じ。でも、どうやったら芸能界で生き残っていけるか、と考えます。一方で、表現者としてはどんどん自由になれている感覚もあるんですよ」

 完成作を見るのにも体力が必要で、3回見てようやく冷静に受け止められるようになったという。「劇場が2回に分けて見られるシステムを考えてくれた。大変でしたけどすごく気に入ってます。『人間って何だ?』と考えたくなる壮大な歴史ドラマ。私が死んだ後もしっかり生き残ってほしい映画なので」ときっぱり。すぐにDVD化せずに2、3年間かけ、コツコツ全国の映画館を回って作品を広めていきたいという。

(内野 小百美)

 ◆いぬむこいり 姫と、手柄を立てた家来の犬が結婚するという「犬婿伝説」が伝わる家に生まれた小学教師(有森)は、ある日学校で問題を起こす。また婚約者にふられ、警察を巻き込む大げんかに発展。激しく落ち込む中「イモレ島」に行けば、自分の希望する“宝”があるとの啓示が。それまでの人生全てを捨てて島を目指す彼女だが…。R―15。245分。

 ◆有森 也実(ありもり・なりみ)1967年12月10日、横浜市生まれ。49歳。雑誌のモデルとして活動後、86年「星空のむこうの国」で映画デビュー。同年山田洋次監督「キネマの天地」でブルーリボン新人賞。ドラマ「東京ラブストーリー」、舞台「頭痛肩こり樋口一葉」「放浪記」などに出演。片嶋監督作は「小森生活向上クラブ」「たとえば檸檬」「TAP完全なる飼育」と3本続けて出演している。

 ◆ワンポイント 

 共演者がまた強烈で役どころにも驚かされる。例えば「島を支配する悪徳市長・鈴木海老蔵」にベンガル、「気がおかしくなった独裁者・キョラ族女王・卑弥呼」に緑魔子、「ゴロツキ革命家」に石橋蓮司、「引きこもりの元ギタリスト」に柄本明という具合。95年初メガホンの片嶋監督は鈴木清順監督「ピストルオペラ」「オペレッタ狸御殿」をプロデュースした人としても知られる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ