高橋光臣が念願の監督の下で「小さな巨人」に出演

2017年4月22日6時0分  スポーツ報知
  • 「小さな巨人」第3話から出演する、高橋光臣(C)TBS

 俳優の高橋光臣(35)が、TBS系で放送中のドラマ「小さな巨人」(日曜・後9時)に第3話(30日放送)から出演することが決まった。香川照之が課長を演じる警視庁捜査一課と対立する、捜査二課の刑事・松岡航平を演じる。

 高橋は、同じ日曜9時の「日曜劇場」で15年10月期に放送された「下町ロケット」ガウディ計画編で、阿部寛演じる主人公が率いる佃製作所を裏切って新開発した心臓人工弁の技術をライバル企業に渡していた中里淳役を演じていた。「『下町ロケット』で出会い、すっかり(同局の)福澤克雄監督に惚れてしまった私は、次も、次もきっと作品に呼んでもらえるよう、いろいろな役に取り組んできました。今回、福澤監督が監修で『下町ロケット』でもご一緒した田中健太監督がチーフの『小さな巨人』が放送されると知り、何が何でも関わっていきたいという思いが実りました」と大喜び。

 演じる松岡という捜査二課の刑事は、(主演の長谷川博己が演じる)所轄とも捜査一課とも違うとして「あるときは協力し、あるときは対立して、ドラマを盛り上げていきたい」と意気込みを語っている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)