羽生、世界初の後半4回転3本成功でフリー1位の世界フィギュア、16・0%

2017年4月24日12時1分  スポーツ報知
  • 21日のフィギュアスケート国別対抗戦で会心のフリー演技を見せた羽生

 ◆フィギュアスケート 国別対抗戦 第2日▽男子フリー(21日、東京・代々木第一体育館)

 21日にテレビ朝日系で放送された「世界フィギュアスケート国別対抗戦2017」(金曜・後8時17分)の平均視聴率が、16・0%の好数字を記録したことが24日分かった。

 この日の男子フリーで世界選手権金メダリストの羽生結弦(22)=ANA=は4回転5本のプログラムに挑戦し、世界初となる後半3本を含む4本を成功させた。3戦連続の大台突破となる200・49点で1位。来季の平昌五輪へ収穫を手にし、最終戦を終えた。宇野昌磨(19)=中京大=は198・49点で2位。順位点によるチーム得点は合計81点で日本は1位を守った。

 また、同じくテレビ朝日系で放送された「国別対抗戦2017」22日の平均視聴率は13・2%、23日は10・9%だった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ