TBS幹部が驚いたネットの力…「逃げ恥」ブームに「新しい体験でした」

2017年4月26日15時43分  スポーツ報知
  • 主演した星野源と新垣結衣

 TBSの定例社長会見が26日、東京・赤坂の同局で行われた。

 武田信二社長(64)は「小さな巨人」など4月クールのドラマについて、「(滑り出しは)まずまずかなと思っています。タイムシフト(録画)視聴率、総合視聴率を含めて高いなあと思っています」と手応えを明かした。

 同席した佐々木卓常務は昨年度を振り返り、「昨年度は『99・9 刑事専門弁護士』『逃げるは恥だが役に立つ』など、私たちの一般的な見方から見て、6本のヒット作が生まれた。ドラマの当たり年だったと思っています」と話した上で「特に『逃げ恥』は、ネット(の口コミ)からヒットが生まれるという新しい体験でした。総合視聴率の高さといい、ドラマの視聴形態の変化を感じています」と続けた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)