「嵐のワクワク学校」今年の“助手”はセクゾ…復興支援へ7年目

2017年4月29日5時0分  スポーツ報知

 人気グループ・嵐が、6月に京セラドーム大阪、7月に東京ドームで毎年恒例の体験型授業イベント「嵐のワクワク学校」を行うことが28日、発表された。2011年から7年目を迎え、今年は「保健体育」がテーマ。一昨年からHey!Say!JUMP、ジャニーズWESTが「助手」を務めてきたが、今回新たに5人組「Sexy Zone」が初参加する。

 「―ワクワク学校」は、東日本大震災が発生した11年から始まった。当時、電力事情を考慮し、ライブからエコなイベントに変更したのがきっかけだ。昨年には熊本地震もあった。今年も収益の一部は復興支援として寄付。松本潤(33)は「今も大変な思いをされている方々に少しでも明るいパワーを送れることを願っています」と思いを込めた。

 5人それぞれが「先生」となり、相葉雅紀(34)は「運動(スポーツ)を好きになろう」、大野智(36)は「人はなぜ泣く?涙の効果」をテーマに“教べん”をふるう。「緊張を味方にしよう!」をテーマにする“松本先生”は「日々、何げなくやっていることや当たり前だと思っていることにスポットを当てて、毎日がワクワクするような体験をみんなで感じたい」と開催を心待ちにした。

 ◆「嵐のワクワク学校」日程

 ▼京セラドーム大阪 6月17日・後5時、18日・前11時、後5時

 ▼東京ドーム 7月8日・後5時、9日・前11時、後5時

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ