“早霧チルドレン”の宝塚雪組・永久輝せあが新人公演4度目センター「初心に帰った」

2017年5月9日20時45分  スポーツ報知
  • 舞台上で会見した永久輝せあ(右)と野々花ひまり

 宝塚歌劇雪組ミュージカル「幕末太陽傳(でん)」の新人公演が9日、兵庫・宝塚大劇場で上演された。

 新人公演の最上級生で長(リーダー)でもある7年目のスター・永久輝(とわき)せあが4度目のセンター。幕末の品川宿で起きるトラブルを鮮やかに解決していく“居残り佐平次”を軽快に演じた。カーテンコールでは「主役ですが、周りに感化されていく役どころで苦労しましたが、佐平次のように周りの人々に心を動かされました」と、共演者や見守った上級生らに感謝した。

 永久輝は2015年の「ルパン三世―王妃の首飾りを追え!―」から今作まで、雪組トップスター・早霧せいなの大劇場公演5作品のうち、「星逢一夜」をのぞく4作で新人公演主演を務めた。早霧が2番手時代の「前田慶次」の新人公演も含めると5作目となる、いわば“早霧チルドレン”だ。

 本公演は早霧とトップ娘役・咲妃(さきひ)みゆのサヨナラ公演。終演後、永久輝は、背中を追ってきた早霧について「一から全部教えていただいた、思い入れの深い方。その早霧さんの集大成の役。初心に帰って早霧さんを拝見して勉強させていただきました」。本公演では開幕(4月21日)から5日間、休演していた3番手スター・彩風咲奈の代役も務め、「大変ではありましたが、いろんな役を通してこの作品を知ることができました」と話した。

 女郎・おそめ役は、5年目の野々花(ののか)ひまり。新人公演初ヒロインで「初めてで緊張しましたが、舞台上で永久輝さんのお顔を見ると安心しました」とホッとした表情で大舞台を振り返った。

 東京宝塚劇場での新人公演は6月29日。永久輝は「落ち着きを持って、長として下級生にもアドバイスしたい」。野々花は「新鮮さをもっと出したい」と上を向いた。

終演後、舞台上で会見した永久輝せあ(右)と野々花ひまり

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ