NHK桑子真帆アナ、フジ谷岡慎一アナと結婚!30歳バースデー5・30に婚姻届

2017年5月11日4時0分  スポーツ報知
  • 癒やしの笑顔で人気のNHK・桑子真帆アナとハートを射止めたフジ・谷岡慎一アナ

 NHKの桑子真帆アナウンサー(29)が、30歳の誕生日を迎える5月30日にフジテレビ・谷岡慎一アナウンサー(30)と結婚することが10日、分かった。

 局の垣根を越え、約2年の交際を実らせてのバースデー婚。4月からはNHKの「ニュースウオッチ9」(月~金・後9時)のメインキャスターに抜てきされたばかりの桑子アナだが、公私ともに幸せをつかみ30代に突入する。

 NHKの人気NO1女子アナがついにゴールインする。関係者によると、桑子アナと谷岡アナはかねて結婚を前提にした交際を周囲に公言。双方で日取りを調整していたが、桑子アナが30歳を迎える節目の「5・30」に結婚することを決めた。挙式、披露宴などは調整中という。桑子アナは今後も仕事を続ける意向だ。

 10年春にそれぞれ入局した“入社同期”の2人は、アナウンサーを目指していた就活生時代からの顔見知り。選考が進む過程で戦友のような状態になり、ともに就職試験を乗り切った。

 就職後は互いに仕事に集中する日々だったが、15年春、桑子アナがNHK広島放送局から東京アナウンス室に異動したことで再会し、交際をスタート。仕事の上で抱える悩みなども同業ゆえに分かち合い、局の垣根を越えた愛を育んできた。

 同じ局のアナウンサー同士で社内結婚に至ることはしばしばあるが、キー局のアナウンサーが局をまたいで結婚することは、12年のテレビ東京・増田和也アナ(35)とNHK・廣瀬智美アナ(35)などがあるが、極めて異例だ。

 NHKの紀行番組「ブラタモリ」で人気司会者・タモリ(71)のアシスタント役を務め(現在は交代)、物おじせず飾らない人柄でブレイクした桑子アナは、NHKのエース女子アナのひとり。幅広い年齢層から人気で、オリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」では15年が5位、16年は10位と2年連続でトップ10入り。この4月には「―ウオッチ9」のメインキャスターに抜てきされるなど、まさに順風満帆だ。

 一方の谷岡アナは、さわやかな童顔のイケメンで、高校時代は野球に打ち込んだスポーツマン。プロ野球や競馬の実況で活躍するほか、フジテレビの情報番組「ノンストップ!」(月~金・前9時50分)の水・木担当、「VS嵐」(木曜・後7時)の「天の声」など、フジの看板番組も担当。テンポのいいトーク力を武器に、さまざまなジャンルの番組から引っ張りだこなオールマイティーアナだ。互いにパートナーの存在が仕事の励みとなり、公私ともに充実のときを迎えている。

 11日は、桑子アナが「―ウオッチ9」、谷岡アナが「ノンストップ!」とそれぞれ担当番組に生出演が予定されている。16年1月に交際が報じられた2人はこれまで、互いに報道について語ることはなかったが、本人たちの口からどんな結婚報告が飛び出すか注目だ。

 ◆谷岡 慎一(たにおか・しんいち)1987年2月16日、高知県生まれ。30歳。法大経営学部経営学科卒業後の2010年にフジテレビ入社。同期に山崎夕貴アナウンサーら。入社1年目から野球、競馬、ゴルフなどのスポーツ実況で活躍。CS・フジテレビONEのマージャン番組「THE われめDEポン」の実況でも知られる。趣味は釣り、料理。特技はピアノ。

 ◆桑子 真帆(くわこ・まほ)1987年5月30日、神奈川県生まれ。29歳。東京外大ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)卒業後の2010年にNHK入局。同年から長野放送局、13年から広島放送局。同年にBSプレミアムの子ども向けバラエティー番組「ワラッチャオ!」の初代お姉さん役に就任。15年から東京アナウンス室勤務となり「NHKニュース7」「ニュースチェック11」などを担当。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)