松本潤が永野芽郁に5年前と同じ失態「恥ずかしいなあ~」

2017年5月18日20時46分  スポーツ報知
  • 永野芽郁

 映画「ピーチガール」(20日公開、神徳幸治監督)にダブル主演している女優の山本美月(25)とHey!Say!JUMPの伊野尾慧(26)、共演している女優の永野芽郁(17)、俳優の真剣佑(20)らが、18日放送のフジテレビ系「VS嵐」(木曜・後7時)に出演。嵐の松本潤(33)が、CMで共演したことのある永野に“赤面”の質問をして爆笑を誘った。

 松本が2011年から出演している「明治ミルクチョコレート」のCMに、12~13年に永野も出演し共演。その時の思い出として永野が「中学生の頃、チョコレートのCMでご一緒して、緊張して端っこに立ってた私に『ここ座りな』って隣の席を空けてくださって、めちゃくちゃ優しいなって思いました」とほっこりエピソードを披露した。

 すると松本はやや得意げな表情で「5月生まれだから『芽郁』(メイ=MAY)なんだっけ?」と質問。しかし、永野は笑いながら「9月です」。嵐の二宮和也(33)が「5月だよね?5月にしといて」とフォローの突っ込みをすると、永野は「今日から5月です」と返した。

 このやりとりを聞いていた松本はバツが悪そうに「なんかさあ、その話(共演当時も)したよね?」。永野は「はい、5月だから『芽郁』なの?って言われて…」と、松本が5年前にも同じ質問をしていたことを“暴露”した。

 これにはスタジオの出演者は爆笑。松本自身も大爆笑で「恥ずかしいなあ~」と下を向いて赤面していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)