中村獅童の肺腺がん「自覚症状、全くない」…近大病院・田中医師

2017年5月19日6時30分  スポーツ報知
  • 昨年11月、福岡国際センターで仲良く相撲観戦する中村獅童(右)と市川海老蔵

 歌舞伎俳優の中村獅童(44)が18日、初期の肺腺がんと診断されたと直筆ファクスで発表した。定期的な人間ドックで見つかり「すぐに手術をすれば完治する」と説明を受けたという。6月上旬に手術し、10日ほどで退院予定。治療に専念するため6月の福岡・博多座と7月の東京・歌舞伎座の公演の出演を取りやめる。20日に北海道・帯広市で行われる講演会には出演する予定。2年前に脳動脈瘤(りゅう)の手術を受けていたことも明らかになった。

 近大病院・田中薫医師(呼吸器腫瘍専門)

 肺腺がんは主に4つのタイプ(組織型)に分けられる肺がんの中で最も発生頻度が高いもので、全体の約50%程度を占めます。末梢(まっしょう)部(端の部分)にできることが多く、初期段階では全く自覚症状はありません。大きさにもよりますが、健康診断でもCT検査なら発見できるケースが多いですが、X線では心臓や骨などの影に隠れて見つからないこともあります。獅童さんが「奇跡的と言われるほどの早期発見」とコメントされているのは、そうしたことを受けてのものだと思います。

 今の情報だけでの推測は難しいですが、術後に合併症がなく追加治療が必要なければ比較的早く復帰されるかもしれません。一般的に肺がんの手術では術後1~2週間で退院し、術後1か月程度で今まで通りの日常生活は送れるようになります。肺は手術して切ると小さくなるイメージを持っている方が多いと思いますが、他の部分が広がります。切除した分の肺活量は落ちますが、年齢が若くもともとの肺機能は十分にあると思いますので、以前と変わらないアクションや発声を行える可能性も十分あると思います。

 2年前に脳動脈瘤の手術を受けたとのことですが、病気の種類も臓器も異なりますので関連性は全くありません。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ