藤本賞に「君の名は。」の新海誠監督ら

2017年5月19日13時7分  スポーツ報知
  • 藤本賞を受賞した(前列左から)川村元気氏、川口典孝氏、古澤佳寛氏(後列左から)真木太郎氏、丸山正雄氏、山内章弘氏、佐藤善宏氏
  • 新海誠監督

 第36回藤本賞の授賞式が19日、都内で行われ、アニメーション映画「君の名は。」の製作者である新海誠監督、川口典孝氏、古澤佳寛氏、川村元気氏が大賞の「藤本賞」を受賞した。

 名プロデューサーの故・藤本真澄さんの功績をたたえて設けられ、年間で最も優れた映画製作者に贈られる賞。「君の名は。」は約2000万人の観客を動員し、日本映画歴代2位となる超ヒット作。新海監督は欠席したが、企画・プロデュースを行って3度目の受賞となった川村氏は、約15年前に新海監督と知り合ったものの、実際に作品として結実したのは昨年だったことについて触れ「必然性のあるタイミングで必然性のある仕事が出来た時にいい作品は生まれます。10年、20年後に自分がそういう仕事の出来る人間でいられるか。新海監督は、この世界にはまだ発表されていない面白い物語があるんじゃないか、と気付かせてくれました」とあいさつした。

 特別賞は「シン・ゴジラ」の山内章弘氏、佐藤善宏氏、「この世界の片隅に」の丸山正雄氏、真木太郎氏が受賞した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ