「主犯は私」松本伊代、いまだに“事件”を引きずり「このまま仕事がなくなっちゃったら…」

2017年5月19日23時10分  スポーツ報知
  • 松本伊代

 タレントの松本伊代(51)と早見優(50)が19日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜・後9時55分)に出演。1月に線路に立ち入った写真をSNSにアップしたとして鉄道営業法違反の疑いで書類送検された件(不起訴)に関して、現在の心境を語った。

 MCの坂上忍(49)から「こんなに引っ込んでる顔してるの見たことない」と言われた伊代は、いまだに事件を引きずっているという。大阪などでの仕事はしているが、事件以降「東京のスタジオでの仕事はやってないですし、ずっと家にいます。宅配便の人にも『本当に家にいるんですね』って言われるんです」と表情は暗いまま。「大阪の番組に出させてもらっているので“引退”って言葉は使ってないんですけど。このまま仕事が本当になくなっちゃったら(引退の)覚悟で」と続けた。

 さらに「(写真をSNSにアップした)主犯は私なんで…」と言う伊代を、早見が「私が先に写真撮ろうって言ったので、お互いさまなんです」とかばう場面もあった。

 番組には家族もコメントを寄せ、早見の長女・ありささん(15)は、「(落ち込んでいた早見を)みんなでサポートしました。サポートがあるから大丈夫でした」。伊代の長男で俳優の小園凌央(21)は「お父さん(タレントのヒロミ)より俺の方が怒ってました。ヘアメイクさんとかスタイリストさんとか、松本伊代に携わってる方がたくさんいるので、これからもっと頑張って返していった方がいいって言いました」と母にピシャリ。

 しっかりした息子の言葉に伊代は「凌ちゃん…」と目をうるうる。「一番怒られたのは家族ですね」と最後まで神妙な表情だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ