リリー・フランキー&亀梨が明大で特別授業

2017年5月24日17時17分  スポーツ報知

 俳優のリリー・フランキー(53)、KAT―TUNの亀梨和也(31)が24日、東京・明治大学駿河台キャンパスで映画「美しい星」(5月26日公開、吉田大八監督)明治大学特別授業に登壇した。

 三島由紀夫の同名小説を現代風に脚色した作品で、文学部・伊藤氏貴准教授の「三島由紀夫と映画『美しい星』」と題した授業にサプライズで登場。学生からの質問に答えた。

 亀梨は「作品同様、自身も野心家か?」という質問に「それをトップに掲げてるわけではないと思いますけど… こういう監督とお仕事したいとか、どういう自分でありたいか、というのは頭にある」と真剣に回答。「プロ野球選手を目指していたけど、うちの社長が『ユー、ジャニーズで野球やっちゃいなよ』っていう誘い文句で通い始めた」とジャニーズ事務所に入ったきっかけも明かし、150人の学生で埋まった教室を沸かせた。

 一方のリリーは「明治大学が人気があるわけがわかった。トイレに4つ個室があったけど、ウォシュレットと和式が併用されていた。多様性を認めてる。そりゃ人気出るわな」などとギャグを連発。質問者を童貞に限定し「44歳まで童貞を守ったら魔法使いになれる。女子は処女を守ったら妖精になれる」と妙なアドバイス? を送るなど言いたい放題だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ