高橋克典、5年ぶり舞台主演「いつも僕にとって新たな挑戦」…11月上演「24番地の桜の園」

2017年6月8日4時58分  スポーツ報知
  • 5年ぶりに舞台に主演する高橋克典

 俳優の高橋克典(52)が舞台「24番地の桜の園」(11月9~28日、東京・渋谷Bunkamuraシアターコクーン)に主演することが7日、分かった。舞台出演は12年に主演した「十三人の刺客」以来5年ぶり。ロシアの劇作家アントン・チェーホフが死の前年に書いた最後の戯曲「桜の園」をベースに、90年の「もっと泣いてよフラッパー」、99年の「セツアンの善人」でタッグを組んだ串田和美氏(74)が演出・脚色・美術を手掛ける。

 20世紀初頭のロシアを舞台に、売却を迫られた「桜の園」と呼ばれる領地を巡り、領地に出入りする商人や斜陽貴族の女性領主らを通じて、新旧の社会勢力の交代を叙情的に描く。高橋は農奴出身の商人・ロパーヒンを演じる。女性領主・ラネーフスカヤ役は小林聡美(52)で、2人は初共演となる。

 5年ぶりの舞台に高橋は「恐ろしさも含めて、ものすごく楽しみ。舞台はいつも僕にとっては新しく、ここに来ての新たな挑戦です」と、すでに気合十分。串田氏とのタッグは18年ぶりだが「串田さんなら、従来のチェーホフとは違うものを作ってくれるのではないかと、自分という素材だけもって串田ワールドに飛び込みます」と、衰え知らずのバイタリティーで挑む。

 串田氏も「高橋さんは50歳を過ぎたのに、青年の悶々としたものをずっと持ち続けていて感動しました」と久々の再会を喜び「高橋さんから受けた印象に新たなイメージが生まれました。きっと全く新しいチェーホフができると思います」と、チェーホフ作品初演出ながら、自信をのぞかせている。

 共演はほかに風間杜夫(68)、八嶋智人(46)、松井玲奈(25)、美波(30)ら。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)