上戸彩、斎藤工の一言に号泣「昼顔との出会いは幸せでした」

2017年6月11日7時0分  スポーツ報知
  • 映画「昼顔」の初日舞台あいさつで、斎藤工の言葉に涙ぐむ上戸彩(カメラ・小泉 洋樹)

 女優の上戸彩(31)、俳優の斎藤工(35)が10日、都内で映画「昼顔」(西谷弘監督)の初日舞台あいさつを行った。

 不倫愛をテーマにしたフジテレビ系連続ドラマの映画版。連ドラの最終話で別れた主婦と教師が、3年後に再会する。斎藤が「上戸さんが十字架を背負ってこの作品がなりたってる。一番大変な立場なのに、現場では周りに尽くす人。お母さんとしても大変なのに、この人のエネルギーはすごい」とたたえると、上戸は思わず号泣。

 斎藤から差し出されたハンカチで涙をぬぐい「不倫というテーマに対して毎日考えさせられました。(作品と)お別れするのも寂しいし、独り立ちしてくれるのもうれしい。昼顔との出会いは幸せでした」と感無量の様子だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ