舘ひろし&黒木瞳が熟年夫婦…映画「終わった人」でダブル主演

2017年6月14日6時0分  スポーツ報知
  • 映画では初共演となる舘ひろしと黒木瞳

 俳優の舘ひろし(67)と女優の黒木瞳(56)が来年公開の映画「終わった人」(中田秀夫監督)でダブル主演することが13日、分かった。映画初共演となる2人が初の夫婦役を務める。

 原作は一昨年に出版され、18刷15万部のロングセラーとなっている脚本家・内館牧子さんの小説。エリートコースを外されて子会社で定年を迎えた夫と、後ろ向きな夫と距離を取り始める妻。1996年のドラマ「無影燈」以来、21年ぶり4度目の共演となる舘と黒木の熟年夫婦が織りなす大人のロマンチックコメディー作品となる。

 代表作「あぶない刑事」とは正反対のさえない中年男を演じる舘は「30年間演じた刑事を定年退職(『あぶデカ』シリーズは昨年終了)してから再就職先を探していました。再挑戦と定義して演じます。黒木さんは女優らしい女優。撮影が待ち遠しいです」と抱負。黒木は「舘さんとは20代からご一緒しているので安心感がハンパないです。懐に飛び込んで撮影に臨みたいです」と語っている。

 4月、桜舞う岩手県で一部のシーンを撮影しており、7月1日に本格クランクイン。8月上旬のアップを目指す。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ