【AKB選抜総選挙】速報1位の荻野由佳が5位!2度目の総選挙で神7入り

2017年6月17日20時31分  スポーツ報知
  • 5位に入り、喜びの挨拶をする荻野由佳
  • 荻野由佳

 ◆AKB48第9回選抜総選挙(17日、沖縄・豊見城市)

 5月31日の中間速報で5万5061票を獲得し首位に立った、NGT48の荻野由佳は、7万3368票で5位に入った。昨年の95位からのジャンプアップとなった。

 昨年のAKB48の渡辺麻友の速報記録(4万2034票)を超え、史上最多で渡辺、松井珠理奈=SKE=、指原莉乃=HKT/STU=も抑えた荻野。この日の発表では、キャプテンの北原里英=NGT=の10位も上回った。

 壇上に上がった荻野は、「応援してくださった皆さん、本当に、本当に、本当にありがとうございます」と涙声。4年間、ずっとオーディションに落選し続けてドラフト会議から駆け上がった苦しい時代を振り返り、「私は落ちこぼれでした。夢はかなわない。努力は必ず報われるなんて、嘘に決まっていると思っていました」。

 速報1位に「私も驚きました。私が総選挙を壊してしまったのかなと思った」と複雑な胸中を明かした荻野。しかしファンからの愛だと思ってこの日を迎えた。いきなりの神7入りに「あこがれの総選挙で、こんなすてきな順位をいただき夢のよう。今まであきらめずに(オーディションを)受けてきた良かった」と語った。

 高橋みなみには、「努力は報われるか」尋ねたことがあるという。高橋は、報われるかは分からないが努力して意味のないことはないとして「努力が報われないことを、おぎゆかが証明してね」と言われたという。

 「私は今、証明していますよね」と会場に呼びかけた荻野。「こんな無名の私をアイドルにしてくれてありがとう」と感謝した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ