亀梨和也主演「ボク、運命の人です。」最終回は9・7% 前回から0・5ポイント上昇

2017年6月19日10時55分  スポーツ報知
  • 「ボク、運命の人です。」出演の木村文乃

 17日に放送されたKAT―TUNの亀梨和也(31)主演の日本テレビ系連続ドラマ「ボク、運命の人です。」(土曜・後10時)の最終回の平均視聴率が9・7%だったことが19日、分かった。前回の9・2%から0・5ポイント上昇で有終の美を飾った。

 瞬間最高視聴率も番組開始時の午後10時1分に記録された11・4%。最終回をリアルタイムで見るべく待ち受けた視聴者が多かった形となった。

 長らく午後9時台だった同局の土曜ドラマが4月から同10時台に引っ越し。第1弾となる「ボク―」で亀梨が演じるのは、運命を信じて木村文乃(29)演じるヒロイン・晴子に猛アタックする主人公・誠。共演の山下智久(32)演じる謎の男のアドバイスに振り回されながら恋を貫いていくストーリーだった。

 亀梨は山下とのスペシャルユニット「亀と山P」を結成し主題歌「背中越しのチャンス」も歌い、大ヒット。亀梨と山下は05年10月期の同局系連ドラ「野ブタ。をプロデュース」で共演。この時も劇中の登場人物「修二と彰」として主題歌「青春アミーゴ」をリリースし、162・6万枚を売り上げる大ヒット曲となった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ