坂上忍、元SMAPの今後「個がたってくるのをみたい」 東国原は「ファンの気持ち忖度して」

2017年6月19日13時21分  スポーツ報知
  • SMAP

 19日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で、昨年末で解散したSMAPの稲垣吾郎(43)、草ナギ剛(42)、香取慎吾(40)の3人が、9月8日をもって契約期間満了によりジャニーズ事務所を退所することを特集した。

 MCの坂上忍(50)は今回のニュースで「SMAPって解散してたんだって思った。テレビにずっと出ていたからどっかで忘れていた。改めて『あっ』ていう、ちょっとした喪失感みたいなものを感じた」とコメント。坂上が「個々がここまでたっているグループなんてないんだから、解散する意味があるのかなと思っていた。自分はピンでやってきているから、グループの大変さが分からない」と話すと、初代「いいとも青年隊」としてグループ活動経験のある野々村真(52)は「スーパースターである前に一人間だということ」とメンバーの思いに理解を示した。

 独立する3人の出演番組は終了するという報道があるが、元宮崎県知事の東国原英夫氏(59)は「ファンの気持ちを忖度して頂きたい」とコメント。坂上は「グループでいるとグループの名に傷をつけちゃいけないってのがあったと思う。それがとっぱらわれた時に個がたってくるのをみたい」と今後に期待した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)