マツコ、NMB須藤「結婚します」をキャバクラに例えて「そりゃないよ!」

2017年6月19日18時32分  スポーツ報知
  • マツコ・デラックス

 19日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)で、月曜コメンテーターのコラムニスト、マツコ・デラックス(44)が、AKB48総選挙での「結婚します」騒動がいかにタブーな行為であったかをキャバクラに例えた。

 17日に行われたAKB48総選挙で、NMB48の須藤凜々花(20)が20位に入った後、壇上で「結婚します」と爆弾発言をし、イベントの話題をさらった。

 マツコは「こんなこと彼女一人で突発的に言ったと思えない。なんらかの事情があって(運営の)おおもとの人達はやると分かってたんだろうけど。それにしたって、あの人に何十万何百万もつぎこんだ人がいるわけじゃない?」と話し、須藤とファンの関係をキャバ嬢と客に例えた。

 「『今月ピンチなの。このまま20位以内に入らないとお店でヤバいかもしれない。悪いけどドンペリ空けてくれない?』いつもは月に1本空けるか空けないかの男が、頑張ってドンペリ30本空けたとしますよ。『ありがとう!どうにか20位以内に入ったわ。ところで私結婚するんだよね』と言われてるのと一緒な訳じゃない? そりゃないよ!」と熱弁した。

 月曜コメンテーターの株式トレーダー・若林史江(39)は「選挙のやり方が1人1票じゃなくて、株と一緒。この子のやったことはファンからしてみれば、会社が倒産したのと同じような感じ。金をかけたけど、この後活動してくれないんでしょ? ということになれば、株で言う民事再生法とか会社更生法とかと一緒なんじゃないの?」と自身の専門分野に置き換えて持論を語った。

 2人の鮮やかな例えにMC・ふかわりょう(42)は「なんて素晴らしい! 3000回はだてじゃないですね」と12年の長寿番組が持つ底力に感激していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)