【ディズニー報知】「美女と野獣」のベル&王子がTDLで七夕デート

2017年6月20日8時0分  スポーツ報知
  • TDL「七夕グリーティング」に登場する「美女と野獣」のベル(左)と王子

 東京ディズニーリゾート(TDR)の七夕プログラム「ディズニー七夕デイズ」が7月7日まで開催中。ランド(TDL)の七夕グリーティングでは、彦星ミッキー&織姫ミニーとともに、映画が大ヒット中の「美女と野獣」のヒロイン・ベルと王子が七夕デートを楽しんでいる。ディズニー映画最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」のスペシャルプログラムも開幕し、ジャック・スパロウに会えるなど、初夏はTDLがおすすめだ。

 TDLのパレードルートでは、今年も七夕グリーティングが行われている。ミッキーマウスが彦星、ミニーマウスが織姫をイメージした新しいデザインのコスチュームを身にまとい、人力車に乗って登場。ドナルドダック&デイジーダック、プルート、グーフィー&マックス、チップ&デール、クラリスの仲間たちも一緒だ。

 そして、恋人同士が一年に一度出会えるという七夕伝説にちなみ、2013年からはディズニープリンセス&王子がグリーティングに登場している。今年のカップルは、シンデレラ&プリンス・チャーミング、白雪姫&プリンス、ラプンツェル&フリン・ライダー、ベル&王子の4組。昨年と同じ顔ぶれだが、実写版のディズニー映画「美女と野獣」が大ヒット中だけあって、ベルへの声援が多いように思える。映画で演じたエマ・ワトソンがやって来たわけではないが、黄色いドレスのベルにうっとりしてしまう。

 ワールドバザール中央では、吹き流しやササが飾られた“ウィッシングプレイス”が設けられ、浴衣姿のキャストがミッキー形のウィッシングカード(短冊)を渡してくれる=写真=。今年からの新企画として、夜には吹き流しに天の川が流れるようなイルミネーションの演出がある。

 シー(TDS)の方でも、メディテレーニアンハーバーで七夕グリーティングがあり、船に乗ってやって来るのは、彦星ミッキー&織姫ミニー、彦星ダッフィー&織姫シェリーメイ、アラジン&ジャスミン、アリエル&エリック。ニューヨークエリアの桟橋に“ウィッシングプレイス”がある。3月にTDSで誕生したウサギのバレリーナ、ステラ・ルーは七夕には絡まないが、まだまだフレッシュな人気が目立つ。

 TDRの七夕イベントについて、運営するオリエンタルランド広報部によると、1997年にTDLで「ディズニー・スターフェスティバル」としてスタート。00年と05年は未実施も、06年から「七夕プログラム」として行われ、14年からTDSでも開催され、TDR「ディズニー七夕デイズ」になった。七夕の由来は中国といわれるが、上海ディズニーランドを視察したばかりの広報部・石原裕貴さんは「七夕プログラムは世界でも日本でしか実施していないイベントです」と自信を込めた。

 開催期間は以前より長くなっており、浴衣での来園者も増えている。毎年、天候が不安な梅雨時期の開催だが、雨で会えなくなる七夕伝説のはかなさを「おもむき」と感じることができるのが、日本ならではの文化なのかもしれない。(酒井 隆之)

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html)で。

 ◆ディズニー報知 オリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート(千葉・浦安市)の情報を浦安市在住記者がリポートします。(C)Disney

ディズニー
  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)