小倉智昭キャスターが“代弁”した「庶民の思い」に共演者ら「またそういうことを…」

2017年6月20日9時7分  スポーツ報知
  • 小倉智昭氏

 20日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で小倉智昭キャスター(70)が「庶民の思い」を“代弁”した。

 番組では冒頭の特集として、秋篠宮家の長女・眞子さま(25)と国際基督教大学(ICU)時代の同級生で法律事務所職員の小室圭さん(25)の婚約内定が7月8日に正式発表されることを伝えた。

 同局では20日朝に小室さんが自宅から出てくる様子も撮影。小室さんは報道陣に深々と一礼していた。

 そして番組MCの小倉氏は「我々、縁が無いですが、もしもこういうお席に招かれた場合、どれくらいお包みすればいいのか…」と素朴な疑問を口にした。小倉氏は婚約内定が判明したときにも同様の疑問を抱いていた。

 生放送でのまさかの“質問”に女性共演者らは口々に「またそういうことを…」とやんわり指摘。それでも小倉氏は「庶民からみたら、どうしてもそういう話になってしまう」と興味津々だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ