舞台から転落の中嶋しゅうさん、死因は急性大動脈解離

2017年7月7日18時4分  スポーツ報知
  • 中嶋しゅうさん

 6日に東京・豊島区の東京芸術劇場シアターウエストで初日を迎えた舞台「アザー・デザート・シティーズ」出演中に舞台から転落し、救急搬送先の病院で死亡が確認された俳優の中嶋しゅうさん(享年69)の死因が、急性大動脈解離だったことが7日、わかった。所属事務所が発表した。

 <HPに掲載された文は以下の通り>

「中嶋しゅうを応援して下さった皆様へ」

 既に報道等でご承知の事と存じますが、7月6日に初日を迎えました「アザー・デザート・シティーズ」の上演中、弊社所属俳優、中嶋しゅうが、舞台下に転落した原因につきまして、検視の結果「急性大動脈解離」を発症していたことがわかりました。

 昨日の舞台初日に足をお運び下さり観劇いただいていたお客様、また観劇を心待ちにして下さっていたお客様、共に舞台上で共演させて頂いたキャストの方々、そしてスタッフの方々に於かれましては、多大なご心配、ご心労、ご迷惑をおかけしてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。このような結果になってしまい、まだ気持ちの整理がつかずにおりますが、今後のことにつきましては、また改めてご報告させて頂きます。

 舞台を主催する梅田芸術劇場(大阪市)の東京事業部によると、公演は午後7時にスタート。午後8時10分頃、中嶋さんは主演の寺島しのぶ(44)らとの共演中に、約1メートル下部の客席に転落した。ステージ上に座った状態から立ち上がって演技をする際、何らかの原因によってバランスを崩し、転落したとみられていた。

 寺島は中嶋さんのもとへ駆け寄って救急車を呼ぶようスタッフに要請。いびきをかいていたと話す関係者もいる。観客はロビーで一時待機するよう案内されたが、後に中止が決定した。中嶋さんは担架で運ばれ、救急車で病院へ搬送されたが、午後10時頃に死亡が確認された。

 中嶋さんの妻で、女優・鷲尾真知子(68)は、7日に初日を迎えた東京・浜町の明治座での舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」に予定通り出演した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)