宝塚星組2番手・礼真琴主演「阿弖流為」開幕!「勉強になり、ありがたい」

2017年7月15日18時16分  スポーツ報知
  • 佳奈(有沙瞳、右)の手を取る阿弖流為(礼真琴)

 宝塚歌劇星組公演「阿弖流為―ATERUI―」の大阪公演が15日、大阪・梅田のシアター・ドラマシティで初日の幕を開けた。

 入団9年目の星組2番手スター・礼真琴の初の外部劇場主演作。高橋克彦氏の小説「火怨 北の燿星アテルイ」が原作で、8世紀の東北で大和朝廷の侵攻から国を守ろうと奮闘した蝦夷(えみし)のリーダー・阿弖流為(あてるい)を躍動感たっぷりに好演。歌、ダンス、芝居の三拍子そろった実力を存分に発揮した。

 礼は「あまり世に出ていない人物ですが、すごく愛されている。この作品との出合いは勉強になるし、ありがたい」と手応え十分。舞台バックの大画面では多彩な映像も流され、出演者の動きとリンクしてダイナミックなステージを展開した。

 原作では深く掘り下げられていない盟友・母礼(もれ、綾凰華)の妹・佳奈(有沙瞳)との恋物語もあり、礼は「戦いがメインで佳奈ちゃんとの恋模様がサイドストーリー。男と女のロマンチックなところが入りつつ、男同士の友情もかっこよく描かれています」とアピールした。

 23日まで上演。東京・日本青年館ホールで7月31日~8月6日。

宝塚歌劇

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)