XJAPAN、首手術のYOSHIKIが日本ツアー完走

2017年7月17日22時10分  スポーツ報知
  • 横浜アリーナで世界ツアーの日本最終公演を行ったX JAPANのYOSHIKI

 ロックバンド「X JAPAN」が17日、横浜アリーナで世界ツアーの日本公演のファイナルを迎えた。

 YOSHIKIが頸椎(けいつい)椎間孔狭窄(きょうさく)症により5月16日に頸椎人工椎間板置き換え手術から復帰し、6ステージ目。11日の大阪城ホールの初日は開演が約1時間10分遅れたが、この日は6公演で唯一予定通りスタート。YOSHIKIは「オンタイムで始まったことが奇跡」と笑わせ、Toshlも「それが一番すごい奇跡だね」と続けた。

 YOSHIKIがドラムを封印し、ピアノ演奏のみを演奏する同バンド初の全編アコースティックライブ。「FOREVER LOVE」「紅」など、普段の激しいライブとは違ったしっとりとした演奏で魅了した。

 アンコールでは、YOSHIKIは痛む首を押さえながら「We are!」と絶叫し、ファンが「X!」と返すコールを30回以上連発。「Xのメンバーに背中を押されて、支えられてコンサートができて感無量です」と何度も涙ぐみ、「早くドラマーとしての姿を見せたい。愛してるぜ~」とカムバックを誓った。

 日本公演は6日間で7万人を動員した。世界ツアーの今後の日程は未定。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ