巨人・小林がビックリ弾の球宴第2戦、視聴率8・1% 第1戦は10・5%

2017年7月18日9時28分  スポーツ報知
  • 15日の球宴第2戦の3回2死、左越えに先制のソロ本塁打を放った巨人・小林に、大谷もびっくり

 ◆マイナビオールスターゲーム2017 第2戦 全パ3―1全セ(15日・ZOZOマリン)

 15日にテレビ朝日系で生中継された「マイナビオールスターゲーム2017第2戦」(土曜・後6時)の平均視聴率が8・1%だったことが18日分かった。

 この試合では、全セの「9番・捕手」で球宴初出場した巨人・小林が、0―0の3回2死、初打席初球を左翼席に運んだ。初打席アーチは史上17人目で、さらに初球弾は4人目の快挙。3月に行われたWBCで、チームトップの打率4割5分を残した男が、なぜか両軍ベンチを喜ばせた。試合は全パが逆転で2連勝して通算成績を82勝78敗11分けとした。

 同じくテレビ朝日系で生中継された14日の第1戦(金曜・後7時)の平均視聴率は10・5%だった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)