フジテレビが生中継の浦和―ドルトムント戦、視聴率6・4%

2017年7月18日9時46分  スポーツ報知
  • 15日の試合後、浦和・高木らと握手を交わしたドルトムントの香川

 ◆明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ 浦和2―3ドルトムント(15日・埼玉スタジアム)

 15日にフジテレビ系で生中継された「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ」の浦和―ドルトムント戦(土曜・後7時)の平均視聴率が6・4%だったことが18日分かった。

 この試合は、ドルトムントが、トルコ代表FWエムレ・モル(19)の2得点などで3―2と逆転勝利した。浦和は前半24分、エースFW興梠慎三(30)が先制し、後半40分にDF遠藤航(24)が同点ゴールを決めるなど2得点。前日に来日した始動1週間のチームが相手とはいえ、欧州8強の強豪に善戦した。ドルトムントの日本代表MF香川真司(28)は左肩脱臼の影響で欠場した。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)