「鳥人間コンテスト」出場者を「トリガール!」土屋太鳳が応援「パワーを送りたい」

2017年7月30日19時51分  スポーツ報知
  • 2日目の人力プロペラ機ディスタンス部門でのフライトに挑む芝浦工大チーム

 今年が第40回目の記念大会となった「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2017」(主催・読売テレビ)が29、30日の2日間にわたって、滋賀県彦根市の琵琶湖・松原水泳場で行われ、計39チームが琵琶湖の空に挑んだ。

 29日の初日はグライダー型の飛行機で風力を頼りに距離を競う「滑空機部門」が行われ、24チームがエントリー。正午前に気温が35度を超える暑さだったが、7年連続で実況を務めたフリーの羽鳥慎一アナウンサー(46)は「絶好のコンディション」。300メートルを超すビッグフライトが連発された。

 30日は、パイロットが自転車をこいでプロペラを回す「人力プロペラ機ディスタンス部門」に15チームが出場した。午前6時スタート予定が雨の影響で2時間半以上遅れたが、前日と一転して太陽が隠れることが多く、過ごしやすい気温。スタミナ勝負の際に好材料となり、夢の40キロ到達に期待がかかった。

 2日目のこの日は、同競技を題材にした映画「トリガール!」(9月1日公開)で女性パイロットのヒロインを演じた女優・土屋太鳳(22)が、湖岸に設置されたメインステージから見守った。映画撮影のため、前年の大会で会場を訪れており、「また来ることができて、ドキドキします。初めてここから見させていただくので、パワーを送りたい」と笑顔。映画のモチーフになった2人乗り機を操る「芝浦工大 Team Birdman Trial」のフライトの際には、プラットホームに上がって部員とともに祈った。

 同番組は8月23日午後7時から日本テレビ系で放送される。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)