斉藤由貴、離婚裁判へ発展なら不利…弁護士が解説

2017年8月4日5時55分  スポーツ報知
  • 多くの報道陣の前で深々と頭を下げる斉藤

 3日発売の「週刊文春」に横浜市在住の50代の開業医の男性とのダブル不倫疑惑を報じられた女優の斉藤由貴(50)がこの日、都内で釈明会見を行った。男性との関係について「家族がみんな、お世話になっているお医者さん。(男女の関係とか)そういうことではない」と改めて不倫関係を否定する一方で、相手に好意があることを認めた。「え~と」「あの~」「記憶にない」を約20回繰り返すなど、しどろもどろな会見となった。

 弁護士法人「響」の徳原聖雨弁護士が、不倫の線引きについて解説した。

 浮気や不倫は法律用語ではなく、「不貞」があったかどうかで慰謝料の請求が可能となり、離婚の原因になりえるという。不貞の対象は「性行為、またはそれに類似する行為」。徳原氏は「手つなぎは不貞にあたらないが、『いい年した男女が手をつなぎ、密室で2人で会う=性行為、不貞があった』と推測する材料に十分なりえる」。

 マンションの存在を夫が知っていたかも焦点で「往診と言えど場所を夫に教えてないとしたら、やましいことを隠していると推測できる」。斉藤は会見で男性に「好意があった」と認めたが、「仮に夫が離婚を求める裁判を起こしたら、斉藤さんはかなり不利。慰謝料が成立する大きな材料を自ら口にしてしまった形です」と指摘した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ