ヒロミ、24時間テレビ内で築94年の駅リフォームに挑戦

2017年8月7日20時4分  スポーツ報知
  • ヒロミが24時間テレビ放映中にリフォームすることになった、本銚子駅(C)日本テレビ
  • 清水小学校の子供たちに、駅のリフォームをお願いされたヒロミ(C)日本テレビ
  • 傷みの激しい「本銚子駅」待合室(C)日本テレビ

 タレントのヒロミ(52)が、7日放送の日本テレビ系「有吉ゼミ」(月曜・後7時)に出演。26~27日に放送される「24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~」(後6時半)の放送時間内に、地元に愛されている築94年のオンボロ駅リフォームに挑戦することを明かした。

 DIYの達人としてリフォームが定評のヒロミが挑むのは、千葉・銚子電鉄の「本銚子駅」。隣接する市立清水小学校の児童が登下校に毎日利用しているが、1923年の開業からそのままの状態で暗くて不便、さらに所々が壊れている状態。しかし同電鉄は利用者減少のため経営がギリギリの状態で、直したいと考えているものの有志による清掃が精いっぱいだという。

 そこで「新学期が始まる前に、小学生が安全で利用するのが楽しくなるような駅に、当日放送する24時間以内にリフォームして欲しい」とヒロミにお願いすることになった。子供たちに案内されたヒロミは「マジで、これ古いな。直るのかよ」と、その状態に驚き。子供たちからは「電気も付かない」「ゴミ箱もない」「エアコンがない」と次々と要望されたが、ヒロミも駅のリフォームは初めてで「そんなにたくさん(要望は)できないかもしれないけど」としつつも快諾。「ただし、本銚子駅だけですよ」と、“今回限り”のクギを刺して笑わせた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ