【ドリームマッチ】石原さとみ、始球式でサブマリン投法披露もノーバンならず

2017年8月7日19時6分  スポーツ報知
  • 試合前、「乾杯」を叫ぶ(左から)大矢GM、田尾監督、石原さとみ、山本監督、張本GM
  • サブマリン投法で始球式に挑戦した石原さとみ

 ◆サントリー ドリームマッチ2017 ザ・プレミアム・モルツ球団―ドリーム・ヒーローズ(7日・東京ドーム)

 ドリームマッチの始球式は、女優の石原さとみ(30)が4年連続で務めた。2014年はサウスポー、15年はマサカリ投法、昨年はトルネード投法と、毎年、ノーバンだけでなく、サプライズ投法で大観衆を沸かせている石原は、今年は何と山田久志ばりのサブマリン投法を見せた。

 惜しくもノーバンはならず、ワンバウンドとなったが、打者の東北応援キャプテン中畑清(63)が空振りし、捕手・谷繁元信(46)がキャッチした。

 「マサカリ投法してトルネードして、今年はどうしょうかとすごい悩んだんですけど、オファーいただいてから猛練習しました。山田久志さんのサブマリンを見て、分析すればするほど、使わない筋肉を使うんで」とプレッシャーから解放されて、ホッとしていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)