ジャッキーちゃん、本家ジャッキーの「昔の僕に似てるね」に感激

2017年8月9日17時45分  スポーツ報知
  • ジャッキーチェン主演映画の公開記念イベントに出席したジャッキーちゃん

 アクション俳優・ジャッキー・チェン(63)のモノマネでブレイク中の芸人・ジャッキーちゃん(42)が9日、大阪市内でジャッキー・チェン主演映画「スキップ・トレース」(9月1日公開、レニー・ハーリン監督)の公開記念イベントに出席した。

 「ベスト・キッド」(2010年)以来となる最新作は、ジャッキー演じる刑事と米国人詐欺師のコンビが世界中を逃げまくるアクション大作。今作のPRが縁で、小学2年の時に「スネーキーモンキー蛇拳」を見て以来、ファンだったという“本家”にも会えたというジャッキーちゃんは「(ジャッキー・チェンは)裏で(ジャッキーちゃんが映っている)モニターをずっと見ていた。『昔の僕に似てるね』と言ってくれた」と感激。“本人公認”のPR隊長に就任した。

 数々のCMに出演経験があり、俳優としてのキャリアは21年というジャッキーちゃんだが、そっくりさん芸人としての本格的な活動はわずか2年。周囲からの反響も段違いで、俳優とモノマネ芸人の比率を見ると、露出度も収入も完全に逆転したという。モノマネのコツとしては「基本はオーバーアクション。僕はもともとオーバーアクションなので」と話した。

 この日のイベントでも、劇中のロシアのマフィアに終われて逃げる60歳のジャッキーの走り方や、アクションシーンでNGを出して、ふざけた表情を見せる姿など、スタントマンの経験を生かした迫力十分のアクションとともに「あるある」なジャッキー・チェンを披露し、観客から歓声を浴びていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)