市川染五郎、吉右衛門脚本「再桜遇清水」で主演「喜びと驚き」

2017年8月13日12時0分  スポーツ報知
  • 市川染五郎

 9月の歌舞伎座は、おなじみ「秀山祭」(1~25日)。歌舞伎の人間国宝、中村吉右衛門(73)が2006年に始めて今年、10回目を迎える。「幡随長兵衛」など昼夜に大役を演じ、さらに自身の脚本による「再桜遇清水(さいかいざくらみそめのきよみず)」を歌舞伎座で初上演。芸の伝承を考え、今作では監修も務める。

 吉右衛門が監修する「再桜遇清水」で大役を受け継ぎ、2役に挑む染五郎は「見ることができてなくて、とても気になっていた作品。叔父にやっていただけないかなと思ってました。自分がやらせていただくとは夢にも思っていなかったので、驚きと喜びでいっぱいです。叔父の作品なので、叔父の歌舞伎観がもっと深く分かるチャンス。歌舞伎の面白さが作品に込められているので、しっかり受け継ぎたい」と気を引き締める。

 昼の部は吉右衛門に教わったという「彦山権現誓助剱」の毛谷村六助を演じるほか、「幡随長兵衛」では吉右衛門と共演。吉右衛門が演じる幡随院長兵衛に相対する水野十郎左衛門を演じる。「いずれ自分が長兵衛を演じるにあたっての大事な経験。芝居の上では対等に見えないといけないので、叔父に『勉強させてもらってる感』が、お客さまにはみじんも感じられないよう勤めたい」と力を込めた。

 染五郎としては最後の秀山祭となる。「襲名会見の時に、歌舞伎職人になりたいと言いましたが、極められた歌舞伎がここ(秀山祭)にあると常に感じています」。今後も叔父の大きな背中を追いかけていく。(土屋 孝裕)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ