あご骨折の福田典子アナが抜糸を報告「まだ日焼けできない」もロケ休まず

2017年8月13日19時7分  スポーツ報知
  • テレビ東京・福田典子アナウンサー

 あごを骨折しボルト6本入れる手術を行ったテレビ東京・福田典子アナ(26)が13日放送の同局系「モヤモヤさまぁ~ず2」(日曜・6時30分)に出演し、患部の抜糸を終えたことを報告した。

 同番組のアシスタントを務める福田アナは、6日放送の同番組で収録4日前に「駅前で雨の日にすっ転びまして」とあごから“着地”して大流血し、救急搬送され、ボルト6本入れる手術を行ったことを明かした。まだ口をワイヤで固定した状態で「大きな口が開けられない」とあごに絆創膏(ばんそうこう)をした痛々しい姿で登場したが、この日は透明の絆創膏を付けていたが、前週よりも小さくなり目立たない感じになっていた。

 MCのさまぁ~ず・三村マサカズ(50)から「まだ治ってないの?」、大竹一樹(49)から「(あごが)より何か前に出てきてない?前に」と突っ込まれ「出てないです。出てないです。あの、一応、抜糸もすみまして」と報告。「あの、まだ、ちょっと日焼けできないのですいません」と言いながらも、海老名サービスエリアのロケに参加。前週に続き、重傷ながらも仕事に穴を空けないアナ根性を見せていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ