史上初のリレー表彰台の世界陸上、北海道で瞬間最高視聴率14・1%

2017年8月14日10時57分  スポーツ報知
  • 世界陸上初のリレーでのメダルを獲得した日本のメンバーたち(ロイター)

 ◆世界陸上 第9日(12日、英ロンドン)

 13日にTBS系の北海道放送(HBC)で放送された「世界陸上ロンドン」(日曜・前5時~前6時15分)の北海道地区での平均視聴率が早朝にも関わらず、8・5%の好数字をマークしたことが14日分かった。

 この日は男子400メートルリレー決勝で、日本(多田修平―飯塚翔太―桐生祥秀―藤光謙司)は、38秒04で銅メダルを獲得。日本勢が世界陸上のリレー種目で表彰台に立つのは史上初の快挙だった。

 メダル獲得の午前6時2分には番組内の最高視聴率14・1%という驚異的な数字をマークした。

 HBCでは世界陸上の開催期間中に随時、SNS上で大会に関する書き込みをして盛り上げを図っていた。400メートルリレー決勝の前には、多田や飯塚、桐生のファイナルに向けてのコメントをリツイートするなど、今回の世界陸上初となる日本勢のメダル獲得に向けて、道内の視聴者の熱を高めていた。

 また、HBCでは、12日に行われた準決勝中継(土曜・後6時45分~後8時10分)も平均視聴率17・0%を記録。瞬間最高視聴率も午後6時59分に記録された24・6%。決勝進出を決めた4人がフィールドで安堵の表情を浮かべた瞬間に記録された。(数字は北海道地区、ビデオリサーチ調べ)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ