ピース綾部の就労ビザ取得報道、所属事務所が否定

2017年8月25日19時28分  スポーツ報知
  • ピース 綾部祐二

 お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二(39)が渡米のための就労ビザを取得したとの一部の報道を、所属事務所が25日、「まだ取得してない」と否定した。

 綾部はハリウッド俳優を目指し、5月末にニューヨーク市に生活拠点を築いたが、米国内で働くための就労ビザの取得が難航しているため、完全移住に至っていない。

 就労ビザは1度申請して却下された場合、再び申請して取得するのに膨大な時間が必要な上に、取得できない可能性もあり、慎重に準備を進めている。所属事務所担当者は、「9月に就労ビザが取れるかもしれません」と話しており、本格渡米は秋にずれ込む可能性も出てきた。

 綾部は昨年10月に渡米宣言。今年4月、コンビ活動を一時休止し、これまで国内の表舞台には登場していない。英語がほとんど話せないため、現地を数回視察し、語学学校入学の手続きなどをしてきた。5月には、同市内のセントラルパークで開催された日米交流チャリティーイベント「Japan Day@セントラルパーク2017」に出演し、米国内での“初仕事”を行った。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)