龍真咲、宝塚時代とは真逆の女性らしいファッションに「自分自身に戻ることができた」…退団後初のソロコンサート 

2017年8月27日18時0分  スポーツ報知
  • ライブ衣装を身にまとって取材に応じた龍真咲

 元宝塚歌劇月組・男役トップスターの龍真咲(りゅう・まさき)が27日、都内のBunkamuraオーチャードホールで退団後初のソロコンサート「Ryu Masaki Concert L.O.T.C 2017」を行った。26日の初日を終え「ここからが私自身の再出発。始まったと思った」と語った。

 今月、ファーストアルバム「L.O.T.C 2017」が発売された。リリース後初めてのコンサートで「LANDING on the CITY」など全ての収録曲を初披露。「子供の時からずっと焦がれていた自分の曲をいただけたということが1番の喜びです」とかみ締めた。

 退団して、もうすぐ1年が経過するが、男役の癖が抜けない。「歩き方や肩の入れ方とか気付いたら…」と照れ笑い。この日はライブ衣装の黒いワンピース姿で取材に応じた。宝塚時代とは真逆の女性らしい艶やかさに報道陣もうっとり。「自分自身に戻ることができた。龍真咲という鎧を着ていたが、はがれてきたと思う」。

 今後は音楽番組への出演願望も明かし、「今戦わなければいつやるんだと思っています。色んな所に出てアピールできたら」と意気込んだ。

 コンサートはアルバム収録曲以外にも「ジャングル大帝のテーマ」や「宇宙戦艦ヤマト」などJ―POPを含む計22曲を熱唱。2日間計3公演で6000人のファンを魅了させた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)