ハリウッドJURINAが2冠王に!「愛してまーす」…AKB「豆腐プロレス」

2017年8月29日22時3分  スポーツ報知
  • タッグとシングルの2冠王になったハリウッドJURINA

 女子高生だけが参加できる美しき格闘のステージWIP(ワールド・アイドル・プロレスリング)をテーマにテレビ朝日系で放送されていたAKB48グループ出演のドラマ「豆腐プロレス」を実際にプロレスの聖地、東京・後楽園ホールで開催する「豆腐プロレスThe RIAL 2017 WIP CLIMAX」が29日開催され、7試合33選手が出場した。

 メインイベントはWIPタッグ選手権王座決定戦として、ハリウッドJURINA(松井珠理奈)&道頓堀白間(白間美瑠)=白銀ジム、パワーストーンズ=とチェリー宮脇(宮脇咲良)&ロングスピーチ横山(横山由依)=錦糸町道場=が対戦した。

 ドラマでのWIP最強クイーン決定トーナメント決勝では、JURINAが宮脇を破った因縁があるが、それぞれが最強のパートナーと組んでのタッグでの決着戦となった。

 入場後、にらみ合ったと思った4人がマイクを持ち30日発売の「ギブアップはしない」を熱唱するまさかのエンターテインメント。曲が終わると戦闘モードに戻り、技をぶつけ合った。宮脇がトップロープからのエルボー、JURINAがテキサスクローバーホールドで試合を盛り上げ、最後はJURINAが横山を内藤哲也(新日本プロレス)がG1クライマックスで優勝を決めた大技デスティーノで仕留めた(21分42秒片エビ固め)。パワーストーンズが初代タッグ王者となり、立会人を務めた永田裕志(新日本プロレス)からベルトが贈呈された。

 JURINAは「いつ何時でも誰の挑戦でも受ける」と言い、宮脇は「悔しいです」と号泣した。そしてドラマ「豆腐プロレス」のテーマ曲「シュートサイン」を全員で熱唱。JURINAが「愛してまーす」と絶叫して締めたかと思ったら、シャーク込山(込山榛香)が乱入し大混乱。第2弾があることを印象付ける幕切れとなった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ