「マジカルミライ2017」開幕…藤田咲「ミクさんも喜んでいると思います」

2017年9月1日20時33分  スポーツ報知
  • ライブで熱唱する初音ミク
  • ライブで制服姿を披露した初音ミク
  • オープニングセレモニーでテープカットに参加した(左から)ミクダヨー、藤田咲、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之代表

 8月31日にソフト発売から10周年を迎えた初音ミクのライブと企画展を併催したイベント「マジカルミライ 2017」が1日、千葉・幕張メッセで開幕した。

 オープニングセレモニーに参加したミクのキャラクターボイスを担当した声優・藤田咲は、開場を待つ数千人のファンに向け「これだけ多くの皆さんが集まってくれると、10周年の重みを感じます。ミクさんも喜んでいると思います」とあいさつ。初音ミクを開発したクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の伊藤博之代表(52)らと臨んだテープカットでは、カウントダウンコールでファンを大いに盛り上げた。

 テープカット後に行われた記者会見で伊藤代表は「人間が成長するにはすごく時間がかかりますが、初音ミクも同じ。いろんな人に手をかけていただいて、いろいろなことができるようになった10年でした」と、日本が世界に誇るバーチャルシンガーのこれまでを振り返った。

 企画展ではミクの等身大フィギュアやクリエイターの作品を展示。ミクの創作文化を体験できる様々なワークショップも開催された。また、夜にはライブも行われ、ミクはMCで「みんなと一緒に歩んできた10年間でした。本当にありがとう」と、ファンに感謝の言葉を述べた。ライブでは鏡音リン・レンなど、仲間のバーチャルシンガーたちとともに、シンガー・ソングライターの米津玄師(ヨネヅ・ケンシ、26)がハチ名義で制作した今回のマジカルミライのテーマソング「砂の惑星」など全28曲を歌い上げ、ファンを魅了した。イベントは3日まで。ライブは2日、3日は昼夜公演で行われる。

 「マジカル―」は今年で5回目の開催。2013年に横浜アリーナで初めて実施され、14年は東京体育館とインテックス大阪の2会場で、15年は日本武道館でライブ、科学技術館で企画展を行った。昨年から幕張メッセで2年連続で開催している。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)