長嶋一茂「バカ息子落書き騒動」を激白「さんまさんが書いたと思ったんだよ」

2017年9月6日22時51分  スポーツ報知
  • 長嶋一茂

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(51)が6日放送のフジテレビ系「良かれと思って」(水曜・後10時)に出演。2012年、自宅の壁に「バカ息子」と落書きされた騒動を振り返った。

 引退した元女優が自身のマネジャーに命じて落書きさせたとされる騒動だが、MC陣から「その後、会ったんですか?」と聞かれると、「マネジャーさんでしょ? えっ、そのボス? 知らないよ。会ってないよ」と一茂。

 「弁償とかの話? ならないよ。別に俺、なんとも思ってないから」と話し、「最初、(落書きしたのは明石家)さんまさんだと思ったんだよ。新年早々、さんまさんがウチまで来て『バカ息子』って書いてくれたと思ったんだよ」と、ちょっとズレた感想を漏らしていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ