中垣内ジャパン黒星発進のグラチャンバレーは9・5%、瞬間最高10・8%

2017年9月13日10時14分  スポーツ報知
  • 石川祐希

 12日に日本テレビ系で放送された「グラチャンバレー2017男子」初戦の日本-アメリカ戦(後7時)の平均視聴率が9・5%を記録したことが13日、分かった。

 瞬間最高は午後7時43分、第1セットの19-19で米国のスパイクがアウトとなったが、ビデオ判定で日本選手のブロックに触れていたことが判明し、米国に得点が入った場面で10・8%をマークした。

 世界ランク12位の日本は、石川祐希(21)=中大=のバックアタックや、ブロックなどで7点のビハインドを追いつくなど粘りを見せたが、同2位の米国のパワーと高さに押され、ストレートで敗れた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ