片岡鶴太郎、船越英一郎に熟年離婚を語る「我慢して一緒にいなきゃいけないことはない」

2017年9月13日14時50分  スポーツ報知
  • 片岡鶴太郎

 タレントの片岡鶴太郎(62)が13日、NHK総合「ごごナマ」(月~金曜・後1時05分)に出演。38年連れ添った妻と今年3月に離婚した鶴太郎は、女優の松居一代(60)との離婚調停が始まった司会の俳優・船越英一郎(57)に離婚についての持論を語った。

 鶴太郎は8月にテレビ番組で離婚していたことを告白。鶴太郎がヨガに傾倒していることもあり「ヨガ離婚」と報じられたが、「ヨガと離婚は別個のもの。同じタイミングだったからくっついちゃったんですね」と主張。妻とは3年前から離婚の話し合いをしていたとし「お互いの生活サイクルや価値観が違うから、離婚という形になったが、何も変わっていない。深刻なものではなく、書類上のこと」と語った。

 熟年離婚についての意見を聞かれた鶴太郎は「ご夫婦にはそれぞれの形がある。結婚したから我慢して一緒にいなきゃいけないことはないと思う」とし、「家族と言っても、個々があってのファミリー。これからの(人生)後半の生き方が違っていたら、それぞれ独立していい。人生はそれぞれのもの」と熱弁。

 船越英一郎(57)は神妙な面持ちで聞き入っていたが、女優の美保純(57)から「まだ名前ついてないですよね、何とか離婚とか」と突っ込まれると、船越は「ついてない。(離婚は)まだですから」と苦笑いで切り返していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ