西川貴教、元阪神・上園&桜井の“その後”密着番組でナレーション担当

2017年9月13日19時51分  スポーツ報知
  • テレビ大阪のドキュメンタリー番組「虎戦士の夢の続き」のナレーションを担当した西川貴教

 T.M.Revolutionこと歌手の西川貴教(46)が16日放送のテレビ大阪のドキュメンタリー「虎戦士の夢の続き」(深夜0時56分)のナレーションを担当することになり、13日に大阪・中央区の同局で収録に参加した。

 番組は、滋賀に設立された野球独立リーグ、滋賀ユナイテッドBCの上園啓史監督(33)、桜井広大打撃コーチ(34)の元プロ野球・阪神の2人に1年間密着。個性豊かな若者たちとともに奮闘する姿を描いている。滋賀ふるさと観光大使を務め、阪神ファンでもある西川は「地元の人でも野球チームができたことをご存じない方が多い。地域の市民球団として、地元の人に応援してもらえるよう、きっかけを与えられたらいい」と話した。

 西川も、地元を盛り上げるために2009年から滋賀・草津市で西日本最大級の野外音楽イベント「イナズマロックフェス」(今年は16、17日)を主催。「滋賀で楽しめるイベントは花火大会くらいしかなかった。滋賀は保守的な人が多くて、10年くらいやってようやく、続けてやってるなと認めてもらえるくらいになった」と話した。

 昨年は落雷の影響で中止。リベンジを誓う今年も、台風の影響が懸念される。西川の母・一子さんが8月29日に亡くなったが「母の葬儀はものすごいええ天気やったけど、祖父の葬儀の日は雨だった。そう考えたら雨でも晴れでもどっちかが見に来てくれてるんやろうなあと思うけど」と話しつつ、「まだ四十九日前でそこらへんフラフラしてるやろうから、(晴れて)効力を発揮してくれたらいいのに」と、亡き母の“パワー”に期待した。西川はイベントを主催する理由について、テレビ番組で「お袋が病気したから、地元へ帰る理由に仕事を作った」と語っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)