鈴木砂羽「土下座をさせたことはございません」初演出舞台初日、カーテンコールでは涙

2017年9月14日5時0分  スポーツ報知
  • 初演出した主演舞台の初日終演後、取材に応じた鈴木砂羽(カメラ・小林 泰斗)

 出演予定の女優2人が降板するトラブルがあった、女優の鈴木砂羽(44)が初演出する主演舞台「結婚の条件」が13日、東京・新宿シアターモリエールで初日を迎えた。舞台終演後に、鈴木は取材に応じ、「土下座をさせたことは全くございません」など騒動について初めて語った。

 トラブルに見舞われながらも初日を終えた安堵(あんど)からか、涙を見せながら「初日を迎えられて本当によかった。カーテンコールで言うこと考えていたのに、お客さんの顔見たら、泣けてきてうまいこと言えなかった」と振り返った。

 鳳恵弥(おおとり・えみ、36)と牧野美千子(52)が11日深夜に降板を発表し、トラブルが表面化した。鳳は自身のブログで、2人がスケジュールの都合で参加できなかったことで9日午後の2回目の通し稽古が行われず、劇団主宰の江頭美智留氏とともに鈴木から罵声を浴び、土下座を強要されたと主張。鈴木はこの日、「人道的に彼女の人格や尊厳を罵倒することはしてません」と否定した。

 急きょ代役を立て、臨んだ舞台。降板騒動が後押しするように初日の当日券も飛ぶように売り切れ、劇場の186席は満席に。客席からは拍手が起きる中、鈴木は毅然と演じた。1時間40分の舞台を終え、カーテンコールで姿を見せると号泣。観客に「いろいろとありましたので、何とぞ何とぞよろしくお願い申し上げます」と頭を下げた。

 降板騒動について「舞台作るのは長い道のり。いろんな人がいて、いろんな感情があって、踏んだりけったりもある。演出家として勉強させてもらった」。降板した2人と共演したいかと問われると、ひと呼吸置き「そうですね」と答えた。

 鳳らの所属事務所社長は、この日取材に応じ、12日に江頭氏が、鈴木による土下座の強要や罵声はなかったとした発表について「間違いがある」と指摘。それに対し、江頭氏のマネジャーは鳳らの言い分を「虚言」とバッサリ。今後、鈴木への非難を続けた場合は法的措置も検討するとした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)