立川志らく、師匠・談志から送られた遺言の意味を告白

2017年9月14日16時8分  スポーツ報知
  • 「ダウンタウンなう」で師匠・談志さんや兄弟子・談春の話を次々と明かすことになった立川志らく(C)フジテレビ

 落語家の立川志らく(54)が、15日に放送されるフジテレビ系バラエティー「ダウンタウンなう」(後9時55分)の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演。師匠の故・立川談志さんとの思い出や、兄弟子・立川談春(51)のウラ話を暴露することが分かった。

 最近は毒舌コメンテーターとして人気を集め、今年上半期のブレイクタレントとして1位を獲得した志らく。「落語家として売れたい」と思っていたが、コメンテーターに活躍の場を広げた背景には、談志さんとの思い出話があったのだという。志らくは師匠から自分宛てに送られたという遺言の内容を紹介。その本当の意味について明かす。

 また、立川志の輔(63)、談春ら弟子同士では、複雑すぎる関係があるのだとか。志らくは衝撃的な理由とともに赤裸々に告白するほか、弟子同士だからこそ知る、人情と笑いの落語を得意とする談春のウラの顔も暴露。あまりの毒ぶりに、浜田雅功(54)も思わず「エエ加減にせいよ」と突っ込む一幕も。

 逆に、自分の弟子から口癖や直して欲しいところなどの、意外な一面を明かされてしまう志らく。18歳年下の妻で女優の酒井莉加(36)との驚きのなりそめエピソードや、好みの女性についても明かす。

 ほかにも、元AKB48の板野友美(26)が登場。恋愛禁止だったAKB時代の話や恋愛の仕方、好きなタイプが「大きい男性」など告白すると、松本人志(54)からは衝撃の一言が飛び出す。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ