「池の水ぜんぶ抜く」で歴史的発見のテレ東、今度は東京湾で初確認となる魚を捕獲

2017年9月17日10時0分  スポーツ報知
  • 「お魚ぜんぶ獲ってみた」が東京湾で新発見した「ヒメコトヒキ」(C)テレビ東京
  • 「お魚ぜんぶ獲ってみた」で捕獲した、東京湾では2例目となった「ヨロイザメ」(C)テレビ東京

 「池の水ぜんぶ抜く」で話題のテレビ東京が、17日に放送される日曜ビッグバラエティ「東京湾大調査! お魚ぜんぶ獲ってみた ~深海500mカメラを仕掛けたら~」(後7時54分)で、東京湾でこれまで確認されたことのなかった「ヒメコトヒキ」を捕獲したことが分かった。

 日比谷公園の池から江戸時代の屋敷で使われていた家紋入りの瓦を見つけるなど、歴史的発見が話題となり同時間帯に放送されているNHK大河ドラマの視聴率を上回った「池の水ぜんぶ抜く」の新企画。さすがに「東京湾の水をぜんぶ抜く」わけにはいかず、番組では水深500メートルにカメラを設置。ヌタウナギの捕食シーンや伊豆の深海で見られる巨大タカアシガニをとらえた。また、「東京湾には一体何種類の生物がいるのか」と、小島よしお(36)がスゴ腕漁師たちと巻き網、底引き、定置網、刺し網とさまざまな方法で片っ端から捕獲。富津沖で底引き網にかかった魚の中に、東京湾新発見となる「ヒメコトヒキ」が含まれていた。

 「ヒメコトヒキ」はスズキ目シマイサキ科で、本来は沖縄や西表島、小笠原諸島に分布。太平洋側は茨城県まで報告があるが、入り組んだ地形の東京湾では記録がなかった。あまりにレアすぎて同行した専門家は気づかず、別の専門家が確認。「南方系の魚が黒潮に乗ってきていることはあるが、今回、内湾まで入ってくることは珍しい。かなりびっくり、奇跡的なことだと思います」と驚いた。

 ほかにも、その場で特定が出来なかったサメも、東京湾では09年以来2例目という準絶滅危惧種の深海ザメ「ヨロイザメ」であることを確認。同じく04年以来2例目の「ナンヨウカイワリ」や、専門家が「博物館に持ち帰りはく製にしたい」と漏らした「アブオコゼ」など、珍魚が続々と登場。「水を抜く」ことなく、知られざる東京湾の姿を明らかにした。

 ナレーターを担当するのは、声優の落合福嗣(30)と津野まさい(64)。また、お笑いコンビ「メイプル超合金」がゴールデン初MCに挑戦する。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)