舟木一夫、急性前立腺炎で入院 九州6公演を延期

2017年9月21日4時0分  スポーツ報知
  • 舟木一夫

 今年で芸能活動55周年を迎えた歌手の舟木一夫(72)が急性前立腺炎と診断され、都内の病院に入院していることが20日、所属事務所から発表された。今月下旬の大分、福岡、鹿児島の計6公演を延期する。

 舟木は16、17日に大阪・松竹座で公演を行い、18日に帰京。同日夜に38度を超える発熱と関節炎を訴え、19日に都内の病院で診察を受け、過労による急性前立腺炎と診断された。29日まで入院し、自宅で約2週間療養する予定という。

 これを受けて、26日の大分・iichiko総合文化センター、27日の福岡市民会館、29日の鹿児島・宝山ホールの計6公演を延期すると発表。代替公演の日程は後日発表する。

 舟木は、10月16日の島根県民会館公演で復帰する予定。「今回は皆様、ご心配をおかけして申し訳ありません。特に楽しみにしてくださっていた九州の皆さんにはご迷惑をおかけいたします。今回は72歳の年を忘れ、55周年ではしゃぎすぎてしまったのが原因だと思います。少し休んで、来月からは今以上に元気になって復帰いたします」とコメントを寄せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ