乳がん検診をPRする「山田邦子」記念日にプロレスラー丸藤らが集結

2017年9月21日21時25分  スポーツ報知
  • 「山田邦子の日」に集まった面々(後列右から3人目から)山田邦子、丸藤正道、津田英佑

 9月25日の「山田邦子の日」を祝うパーティーが21日、東京・新宿区歌舞伎町のパーティーホールで開かれた。2015年の同日に日本記念日協会(一般社団法人)に記念日として認定されてから、同日にパーティーを開いているが、今年は主役の山田邦子(57)が25日に海外ロケが入ったため、9月21日に「クニーの日」として開催された。

 6月13日が誕生日だが、乳がんを克服した邦ちゃんは、完治したことと925の日認定を重ねて、新たな誕生日として9月25日を大切にしている。パーティーには、友人でタレントの服部真湖、神田聖子、俳優・声優の津田英佑、プロレスラーの丸藤正道、アレクサンダー大塚、太田プロの後輩芸人、進藤学、サイクロンZら約150人が参加した。記念日申請したのは、丸藤の後援会長・緒方薫平氏で、ピンクリボン(乳がん検診啓発運動)のチャリティーイベントとしての役割も担っている。

 この日はわざわざ「925」ではなく「921」のTシャツを作って全員が着用。歌、ものまね、ダンス、チャリティーオークションなどで盛り上がった。山田邦子は「2007年に乳がんになって、もう10年になります。こうやってみなさんが楽しんでくれて、寄付もして頂いて、本当に感謝しています」と喜んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ