氷川きよし、40代突入も結婚は「焦ってない」

2017年9月28日20時0分  スポーツ報知
  • 40歳を迎え、特製ケーキで祝福された氷川きよし
  • ファンクラブ限定ライブを行った氷川きよし

 歌手の氷川きよし(40)が28日、東京・中野サンプラザでファンクラブ限定ライブを行った。

 2000年のデビューから歌ってきた約680曲から、会員による2万件以上のリクエストで選ばれた楽曲を発表。シングル曲1位に最新曲「男の絶唱」、シングル以外のオリジナル曲1位に「かあさん日和」、カバー曲1位に「無法松の一生~度胸千両入り~」が選ばれ、「意外な曲が選ばれておもしろい」と笑顔を見せた。

 GReeeeNが作詞・作曲した「碧し」、フジテレビ系アニメ「ドラゴンボール超」のオープニング曲「限界突破×サバイバー」(10月25日発売)など27曲で2200人を魅了した。

 今月6日に40歳を迎えた。特製ケーキで祝福され「これからがすごく楽しみ」。15年には喉のポリープ手術を受けており、「歌えない時はしんどかった。今は、一生歌しかないと思える」としみじみ。40代に突入し、結婚について聞かれると「夜に1人ぼっちで寂しい時もあるけど、今は歌を聴いてくれるだけで幸せ。親に孫を見せたいと思うけど、焦ってない」と語った。

 また、17年連続出場中のNHK紅白歌合戦への思いは強く、「日本最大の歌の祭典ですし、ファンの皆さんも喜んでくれると思うので出させていただきたい」と力を込めた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)