昼の情報番組視聴率、TBS系「ひるおび!」が今年度上期も制す

2017年10月2日13時32分  スポーツ報知
  • 「ひるおび!」MC陣の(左から)八代英輝氏、恵俊彰、江藤愛アナウンサー(C)TBS

 TBS系の昼時間帯の情報番組「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)の、2017年上半期(4月3日~10月1日)の平均視聴率が、午後(前11時55分~後1時55分)7・0%、午前+午後(前11時~後1時55分)6・1%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)と、ともに同時間帯のトップを記録した。

 MCを務める、お笑いコンビ「ホンジャマカ」の恵俊彰(52)の軽妙なトークが人気を集めている同番組。日本テレビ系「ヒルナンデス」(月~金曜・前11時55分)やフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)などがひしめく激戦区の中、年平均では2013年度以来5年連続で同時間帯トップ。人気を維持した。

 同番組の松添美徳プロデユーサーは「今年上半期は、北朝鮮問題や政局、天候不良など情報番組がテーマとして扱う話題が多かったように感じます。こうした中で今後も『より深く』『わかりやすい』“情報解説番組”を目指して、引き続き真摯に番組作りにのぞみたいと思います」とコメントしている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ